page top

スタッフブログ

  • 無垢の床材

    無垢の床材といったも色んな種類があります。

    輸入住宅に携わって来たので、ここでは輸入の床材についてお話しいたします。

     

    今から17~18年ほど前、平成10年頃の輸入住宅といえば

    圧倒的にオークの床材が多く使われていました。

    厚さは19㎜、幅は50㎜ほどで長さは乱尺でケースに収まっているものが主流でした。

    幅が50㎜と狭いのでいくら枚数を張ってもなかなか張り切れずに

    大工さんが苦労をしていたのを思い出します。

    当時のオーク材は北米の物が多く輸入されていたので、

    木目が綺麗で艶も良く高級感にあふれていました。

     

    その後、バーチやメープルなどの樹種も出回るようになる中で、

    生産を中国で行うメーカーも出てくるように、価格は安くなったのですが、

    仕上りや木目などはかつてのオークとはかけ離れてしまったように思います。

     

    円安も進み北米からの関税が流通しにくくなる中で、

    mirageやrobbins、bruceといった北米の床材を扱う商社や建材業者は

    全く見なくいなりました。

    弊社もコストがかかるので、提案することも少なくなりましたが、

    本物のオークの木目は本当にきれいです。

    いつかまた使いたいものですね。

     

    一方で10年くらい前から多くなったのがパインの床材です。

    針葉樹の床材でロッジポールパインという呼び方もありますが、

    多くは北米のSPFに代表される針葉樹の床材です。

     

    広葉樹に比べて柔らかい感じと温かみがあることから広く普及しております。

    価格も広葉樹よりも安いので人気があるのでしょうね。

    弊社でもよく使う床材です。

     

     

    代表的な広葉樹のメーカーです。

    Mirage http://www.miragefloors.com/ENG/index.php#slide0

    Bruce http://www.bruce.com/flooring/hardwood

  • 木製サッシのデメリットって?

    木製サッシは良いサッシですよね。

    室内に木の見える面積が多くなるのは想像以上に癒されると言いますか落ち着きます。

    厳密にいえば木の骨組みで外部をアルミで覆っているサッシ 木製アルミクラッドと言いますけどね。

     

    デメリットとして良く言われているのは、メンテナンスが必要で大変だということです。

    個人的には、全てが木で出来ているサッシですとそれは大変だと思います。

    外側も木なわけですから当然紫外線や雨風の影響をダイレクトに受けます劣化もするでしょうし、メンテナンスが追い付かないのは当然でしょうね。

     

    でも、木製アルミクラッドの製品(輸入の商材を扱う業者なら木製と言えば普通は木製アルミクラッドのこと)なら外部はアルミで覆われているからよほどの施工不良でもない限りはアルミサッシと変わりはないはずです。

     

    使い勝手の面では、引違いの窓は基本的にはありません。

    気密を重視するので、窓が動くのは片方がけで、片方はハメ殺しです。ですから、日本でよく見る窓は使いませんね。片方しか動かないので窓の掃除が出来ないのです。

    多いのがダブルハングやシングルハング、オーニングやケースメントといったデザインです。

    このタイプなら窓ふきも出来ますしね。

    でも、ダブルハングやシングルハングは結構開けるのが重いんです。これも欠点かな。

     

    あとは網戸の取り外しに慣れが必要だったり、コマの調整に慣れが必要だったり、細かな部品の供給に少し時間とお金がかかることぐらいでしょうか。

     

    ちまたで言われている様なことは、あまり無いように思います。

     

    アルミであろうと木製であろうと当たり前ですが、窓の取付方法を熟知した職人が十分注意をしてキチンと取り付ける。

    これさえ出来ていればどちらでもさほど変わりは無いように思います。

     

    その他では窓を付ける大工さんが大変です。(笑)

     

    国産は、窓を付けるときは、窓枠を付けてあとからガラスや網戸を付けます。

    窓枠だけを構造体に付けるので軽いものを付けるから施工が楽なんですね。

    でも、木製のサッシは大変です。最初からガラスや網戸がセットされているから

    まずは網戸を外して傷つけないように別にして保管します。

    ガラスなど簡単に外せるものはなるべく外して軽くしてから取り付けます。

    2階に付ける掃き出しサッシは大変です。片方はガラスが外せても片方はハメ殺しですからすごく重くて・・・。

    4人がかりで足場の間をキズを付けないように所定の場所に持っていく、

    この作業がどれだけ大変なことか・・・。

    デザインを重視して2階の吹き抜けにおしゃれな大きいなハメ殺しのサッシなんてもう大変。屈強な職人さんが6人くらいは必要ですからね。(笑)

     

    取付の苦労はありますけど仕上がったときの美しさは格別です。

     

    良く分かっている工務店さんや設計士さんで木製アルミクラッドの窓が付けられると良いと思います。

     

    マーヴィン http://www.marvinjapan.co.jp/

     

  • ビルトインガレージ

    北米の住宅の多くには、ビルトインガレージが付いていますね。

    土地が広いからというのも当然ですが、ガレージがあるのが当たり前なんですね。

    リビングが当たり前にあるように、寝室が当たり前にあるように。

    そういった感んじでガレージも当然必要でしょ という具合にです。

    日本もそうなるといいのですが、予算や敷地の問題で難しいかもしれませんが、あると相当便利です。

     

    小さいお子さんがいるご家庭では、

    買い物の行き返りにお子様をチャイルドシートに乗せるの大変ですよね?

    ましてや雨の日なんてもう最悪・・・、

    子供は何とか濡れないようにと奥さんはびしょ濡れになんて経験あると思います。

    そのあと買い物袋を持って・・・。

     

    その点ビルトインガレージなら濡れずに本当に便利です。

     

    外観もカッコいいし、おしゃれで車に乗ったままリモコンで開け閉めが出来るから、

    子どもたちは凄いと尊敬の眼差しで目がキラキラしています。

    シャッターも悪くはないですけど、

    同じくらいの価格なら輸入の素敵なガレージドアの方が良くありませんか?

     

    弊社がよく使うガレージドア 

    WayneDalton http://www.wayne-dalton.com/residential/classic-steel/Pages/garage-door-model-9100-9600.aspx

    オープナー https://www.liftmaster.com/for-homes/garage-door-openers/elite-series/model-8550

     

    お問い合わせはお気軽にコチラまで。sekiya@fabric-dg.com

    事務所にご来場の際は予約をを入れていただけると助かります。0120-601-662

  • 平成26年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(補正予算に係るもの)」の第三次公募 開始

    ZEHの補助金 三次募集が始まりました。補助金額は130万円

    期間は7月1日から7月24日の17:00までに書類が届いた中から

    審査を行い決定するというものです。

    弊社でも該当する案件は2件です。

     

    詳しくは、環境共創イニシアチブのサイトをご覧ください。

     

     

     

  • 電力自由化について

    2016年4月より いよいよ 電力の自由化 が始まります。

    自由化と言っても「???」と思いますよね。

    簡単に言うと現在の電力会社(この辺りですと中部電力)から

    電気を買うのではなく、その他に新規参入する会社から

    電気を買うことが出来るようになるということです。

    電電公社からNTTに 国鉄からJRに変わったように

    電力も変わる時代になったのです。

    いろいろと新しいサービスが始まるようですので

    注目していきたいですね。

       資源エネルギー庁 固定価格買取制度ガイドライン

       http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/data/kaitori/2015_fit.pdf

  • 住宅ローン優遇措置

    フラット35Sの優遇措置

     

    フラット35S 金利A ご利用の方を対象に当初10年間の割引が0.3%から0.6%へ拡充されました。

    これは基準金利からの割引率のことで、

    基準金利が1.47%だとすると、(金消契約時の金利が適用される)

    1年目から10年目までは金利が1.47−0.6=0.87%

    11年目以降は1.47%の金利が適用されるということです。

    通常は0.3%の優遇ですから1年目から10年目までは1.17%の金利となります。

     

    では、この0.3%で一体どのくらい違いが出るのかというと、

    仮に3,500万円借入したとすると35年間での総支払利息の差額は約100万円の違いが出ます。

     

    金利の違いだけで100万円変わってくるのは大きいですね。

    いつまでこの措置が続くのか分かりませんが、金利も含めて今がチャンスなのは間違いありません。

     

     

  • マイホーム借り上げ制度

    移住住み替え支援機構(以降、機構という)の【マイホーム借り上げ制度】とは、

    簡単に言うと、マイホームを機構が借り上げてくれる制度のことです。


    もちろん いろいろな決まり事があるので、全てのマイホームが該当するわけではありませんが、

    これから住宅を新築するのであれば、知っておいて損はない仕組みです。


    では、どんなメリット・デメリットがあるかのでしょうか。

    ここで簡単に説明いたします。


    一般的に住宅を賃貸に出す場合は、不動産業者が仲介して借主を探します。

    そして、借主が現れ賃貸借契約が結ばれ、賃料が発生します。

    言いかえらば、借主が現れない限り 賃料は発生いたしません。


    ところが、機構のマイホーム借り上げ制度は、機構の基準をクリアし、

    一人目の入居者が決定以降は、仮に次の入居者が現れなくても、終身で賃料が貰えるということです。


    その上、契約は3年ごとに見直しを掛ける定借という方法を採用しています。

    3年ごとに契約を見直すので、そのタイミングで契約を解除して、また自分たちが住むことができるのです。

    俗にいう、軒先貸しても家貸すな と言われる貸損になることが無いわけです。


    では、そんなにいい仕組みならどうして今までなかったのでしょうか。

    それは、銀行の仕組みに問題があります。


    前述の賃貸の説明は、住宅ローンが残っていない場合の賃貸の話であって、

    普通は住宅ローンが残っている場合がほとんどです。


    ですので、前述のように、すぐに不動産屋さんが借主を探すということが出来ないのです。


    では、住宅ローンの返済が出来なくなった場合は、どうなるでしょうか。


    銀行は、ローンの返済が滞るとローンの残高全額の返済を要求してきます。

    月々の返済が出来ない者が急に全額返済を要求されても返済出来るはずもなく、返済不能と判断されます。

    そして土地、建物の抵当権を持つ銀行は、残金を回収するため債権を保証会社に譲り渡し、保証会社から残金を回収します。


    保証会社は抵当権を行使し、その土地と建物を競売にかけて売却し、返済金の回収を行います。

    もちろん、競売ですので、売却価格も通常よりも低い金額となりますので、全額の返済は出来ずに、

    保証会社に対しての支払い義務は残ってしまうことになります。


    結局は、少しずつでも返済するのか、支払いを棒引きしてもらうのか、自己破産申請をするのか

    などの話あいをするということになる訳です。


    そうです。銀行は待ってくれないのです。



    そこで、機構がいろいろな銀行と交渉の末、新しい取り組みに協力してくれる団体ができました。


    それは、住宅支援機構です。


    そうです。フラット35を使った住宅ローンです。


    フラット35の返済特約という特約を付けるのです。

    特約料も1万円もかからない程度です。


    この特約を付けた住宅ローンを使えば、住宅ローンが払えない状況に陥ったとしても、いきなり全額の返済を要求されるのではなく、

    機構のマイホーム借り上げ制度を使って得た賃料を住宅ローンの返済に充てることが出来るのです。


    しかも、借主が現れるのを待つ必要がなく、機構が借り上げてくれた瞬間から、賃料が発生します。


    これって、凄いことだと思いませんか。


    不測の事態に陥ったとしても、そこから脱する時間と手立てが出来ます。

    いきなり全てを失うのではなく、自己破産に陥るのではなくなるのです。

    こんなことが起きてはいけませんが、万が一の時には、こういった保険があるというのは、

    安心になるのではありませんか?


    他の金融機関ではできないことです。



    ここまでがメリットです。



    では、デメリットとは何でしょうか。


    まずは、マイホーム借り上げ制度を使った場合の賃料が市場の賃貸の賃料よりも10.%ほど安くなってしまします。

    これは、借り手側の意向を汲み取ると、このぐらいの金額になるわけです。

    借りる側も3年の定借付き住宅です。3年後には出ていかなければならない可能性があります。

    そういった住宅を周りのアパートなどと同じ金額で借りるというのは、難しいとは思いませんか?


    もう一方で、アパートなどとは違う、一戸建ての住宅です。

    お風呂屋、キッチン、トイレなどの住宅設備などはアパートのそれとは明らかに違います。

    3年の定借ですが、家賃も割安となると、良い選択肢の一つになると思いませんか。




    もう一つのデメリットは、機構が定める外部の耐久性・耐震性基準を満たしていなければならないということ。


    簡単に言えば、長期優良住宅の認定を取っている必要があるということです。

    その分だけ費用がかさみます。

    これも借りる側からしてみれば、どんな住宅なのかということが具体的に分かる資料があるということは

    安心材料になりますし、借り手を探す仲介業者にしても同じことが言えます。


    以上のようなことがデメリットとして挙げられる訳ですが、

    そんなに、受け入れられないデメリットではないように思います。


    以上のことが、移住住み替え支援機構のマイホーム借り上げ制度です。

    どうです、とても良い仕組みだとは思いませんか。

    是非、この仕組みを生かして、長持ちする良い家を手に入れて下さい。


    もちろん、ここだけでは説明しきれないことがありますので、

    詳しくは移住住み替え支援機構のサイト(http://www.jt-i.jp)で確認していただくか、

    弊社へお問い合わせ下さい。